主な機能一覧

新機能は随時追加実装されます。詳細は→「リリースノート」を参照してください。
OnTime for MicrosoftはOffice365/Exchangeの予定表機能をベースに動作します。
Office365/Exchangeの予定表で設定された権限が反映されます。
Office365/Exchangeの連絡先情報で設定された情報が反映されます。

「管理者向けの主な機能」はページ後半のこちら

ユーザー向け主な機能

具体的な画面イメージは→「クライアントの説明書」をご参照ください。

基本的な機能

  • 重複しているカレンダーエントリを、重複が分かるように並べて表示。
  • ユーザー・会議室・リソースを、メインビューに一覧で表示。
  • 表示期間を指定日数・指定週数など、適宜切り替えて表示。
  • カレンダーエントリは組織で指定された条件で色分けされた「凡例」に従って表示。
  • 特定、あるいは複数の凡例を選択し、そのカレンダーエントリだけを絞り込んで表示。
  • 凡例で色分けされた状態でのカレンダーエントリの表示。
  • 複数名の予定を表示する「グループビュー」と一人だけを表示する「個人ビュー」の切り替え。
  • リストビューでは絞り込んだ条件で予定を一覧で表示。CSVで出力可。
  • 与えられた権限に応じて代理アクセスで操作が可能。
  • 右上の検索窓でタイプアヘッドによるユーザー、会議室、備品、予定エントリの検索。
  • カレンダーエントリのマウスクリックで、エントリの内容詳細を確認。
  • カレンダーエントリのダブルクリックで、エントリ内容を直接編集。
  • ユーザーをクリックするとビジネスカードが表示され、プロファイルや顔写真を確認できる。
  • 様々な場所から、ユーザーやカレンダーエントリの詳細情報を深掘り表示。
  • 複数のユーザーを選択し、一斉にメール送信。
  • 表示しているメンバーから選択したメンバーの予定をPDFに出力可。
  • Microsoft Teams会議に予定から参加出来るボタンを準備。
  • Microsoft Teamsの各チームのタブに追加して利用(表示、作成、会議招集等)。
  • Microsoft outlookのアプリケーションに追加して利用(表示、作成、会議招集等)。
  • スマートフォン「Edge Mobile(iOS、Android)、Safari(iOS)、Chrome(Android)からの利用(表示、作成、会議招集等)。 * オプション

カレンダーエントリ操作関連

  • 各種カレンダーエントリをドラッグ操作で作成できる。
  • エントリの種類は「予定」「終日の予定」「会議招集」が作成可能。
  • 複数のユーザーを選択し、全員の空き時間を確認しながら会議招集をする。
  • 会議室や備品の単体予約。
  • 各種エントリをドラッグ操作で他ユーザーへコピーや移動が可能。

カレンダーエントリ作成ダイアログ関連

  • 設定項目はOffice 365/Exchangeと基本的に同じ。
  • 「非公開」「公開方法」の各種設定が可能。
  • 計画的な繰り返し予定の作成が可能。
  • タイプアヘッドによるユーザー、会議室、備品の検索。
  • 会議室は、空き時間検索からの検索ができる。
  • 隣接した会議室を連結会議室として空き時間検索が出来る。
  • 他予定との重複時や会議出席可能時間外の場合、作成時にアラートで確認できる。
  • 会議室やリソースで他の予定との重複している時は、アラートが表示されエントリは作成できない。
  • 会議室の単体予約時も予約作成前に重複チェックを行い作成できなく出来ます。
  • 別のユーザに対して各種エントリを作成する時は、作成先にメールで通知される。
  • Teams会議を会議作成時同時予約できます。
  • リマインダー(アラーム)を予定作成時に設定変更できます。

表示グループ関連

  • 個人グループを個別に複数作成して、「マイグループ」に追加。
  • 個人グループでは、ユーザーや会議室、備品の表示並び順をマニュアルで自由に指定可能。
  • 個人で作成したグループを指定したユーザーで「共有グループ」として共有可能。
  • 個人ビューでは、よく参照するユーザーをリストとしてブックマーク。

設定関連

  • 表示言語は7言語から選択、切り替えて利用。
  • 表示時間帯は開始時刻と終了時刻で設定可能。
  • ご希望の表示日数を設定しての利用。
  • 週末の表示/非表示の切り替え。
  • 重複予定に合わせて、ユーザー1名の表示行数を9段階に切り替え。
  • 週の曜日始まりを月曜始まりと日曜始まりに切り替え可能(日本語のみ)
  • 参照するディレクトリの利用/利用しないを指定できます。

権限関連

  • メンバーの予定は、自身に与えられた適切な権限(代理アクセス)で表示される。
  • 表示されているメンバーの代理アクセスの状況の確認ができる。

ビジネスカード画面での操作関連

  • メール送信が可能。
  • 新規予定作成が可能。
  • Skype電話の開始可能。
  • カレンダーエントリの一覧、および内容詳細の表示
  • カレンダーエントリが会議の場合は、会議の主催者・参加者・未返答者などの確認も可能

「ユーザー向けの主な機能」はページ前半のこちら

管理者向け主な機能

技術的な特徴については→「→システム要件 他」をご参照ください。

グローバル設定/バックエンド

  • 認証方法はOutlookにSAML連携やトークン配布用ワンタイム認証方法を含む5つの方式から1つを選択可能。
    OnTimeの認証方法
  • 認証トークンの無使用による有効期間は日数単位で指定可能。
  • 過去のカレンダーエントリの同期期間を設定可能。最大4年。
  • ADやOffice365アカウント情報等各設定情報は深夜2時に自動で更新。時刻変更は可能。

グローバル設定/フロントエンド

  • 予定の非表示条件の指定や表示色などのオーバーライド設定が出来る。
  • テナント間のデフォルトの閲覧権限をロール設定無しで空き時間情報に設定可能。
  • 会議招集の承諾/辞退の状態をグレーで表現するかしないかを設定可能。
  • 会議室の重複予約を禁止するかExchangeに準拠して重複を許可させるかを選択可能。
  • 他ユーザーへの予定の非表示の条件を複数登録可能。

グルーバル設定/名前書式

  • ユーザー名やプロフィール情報はユーザー、会議室、備品でそれぞれOffice 365、AzureADやADの属性から3行まで指定。
  • 各言語に合わせて複数の登録が可能。
  • AzureADのユーザーの属性(Attribute)を利用して様々な表現が可能。
  • ユーザー情報をLDAPで取得する場合は拡張属性やふりがなも利用可能。
  • 会議室は定員だけでなくビル名やフロア階数情報も利用可能。

グローバル設定/ロール(役割)設定

  • Office365/Exchangeで付与した設定は自動でOnTimeで利用されます。
  • 更にOnTime内だけで機能するロール(権限)を設定可能。ドメイン(テナント)をまたいで権限付与も実現。
  • 権限設定は表示グループとは独立してるのでどの表示グループを表示していても機能します。
  • 権限設定を付与した結果はメンバー一覧から専用画面で確認可能。

ドメイン設定

  • 複数のテナントを同時に接続して運用出来ます(最大99テナントまで)。
  • Microsoft365 の Exchange Online とオンプレのExchange サーバー に同時接続可能。
  • 同期対象のユーザーや会議室・備品の指定はLDAPかメールが有効なセキュリティグループで指定。

ユーザー設定/メンバー一覧

  • 同期対象のユーザー、会議室、備品を一覧で確認できます。
  • ビジネスカードの顔写真はOffice 365、AzureADやADのアカウント情報を利用。
  • ユーザー接続用のTokenを強制的に無効に出来ます。
  • Exchangeとロール(役割)設定で付与した権限は閲覧する側、される側の両方から確認できます。

ユーザー設定/デフォルト設定

  • ユーザー設定は全体だけでなく、利用言語毎などグループやユーザー単位で指定できる。
  • 言語と日時書式の初期設定。
  • 利用する名前書式。
  • Microsoft Teams利用時のカラーテーマ。
  • 分類の選択肢。
  • 利用するタイムゾーン。
  • 曜日毎の稼働時間帯。
  • 利用できる各ディレクトリ情報の初期設定。
  • 表示並び順を各種AD属性から可能。
  • 並び順にはPhoneticDisplayName属性及びExternalAttributes1~15を使用も可能。 * 同期対象をLDAPで登録時
  • 会議室の並び順にはビル名やフロア階数も利用可能。
  • 分類の選択肢を登録可能。

ユーザー設定/連結会議室

  • 隣接した会議室を一つの会議室と見なす連結会議室の登録が出来る。
  • 連結会議室は独自に事業所、ビル名、フロア階数を設定して検索時に利用できます。

表示グループ

  • 表示グループは 配布先グループ・静的グループ・動的グループの同時利用。
  • 動的グループと静的グループは階層トップ名を同じにすれば1つの階層に所属できる。
  • 静的グループ
    • ユーザーやグループを手動で選択してグループメンバーに追加出来る。
    • グループ名を”\”で区切ることで階層表示が可能。
    • グループメンバー内で手動並び替えを指定。
    • 表示先を全員、対象メンバー、カスタムで指定。
  • 動的グループ
    • Office 365、AzureADやADの属性を指定することで自動で階層表示グループを作成できます。
    • グループを生成するターゲットとなるドメインを指定できる。
    • 使用する属性はPhoneticDisplayName属性及びExternalAttributes1~15を使用も可能。 * 同期対象をLDAPで登録時
    • 表示先を全員、対象メンバーで指定。
    • 会議室は事業所やビル名、フロア階数などで階層表示グループを作成できます。

凡例設定

  • 凡例(色分け)の表示条件は分類やタイトル(件名)の部分文字列等を組み合わせてAnd/or条件で設定可能。
  • 条件が重複した場合にどちらの条件を優先して表示するかを指定できます。
  • クライアントで表示する凡例名を各言語別に設定できます。

日程調整設定

  • 外部利用者向けのURLを別途指定できます。
  • 外部利用者向けにコーポレイトロゴや各種リンクを登録出来ます。

ケータリング設定

  • 管理者と利用可能メンバーを登録できます。
  • ケータリングを提供する店舗は複数登録可能です。
  • 各受付場所毎にメニューを登録出来ます。価格、季節限定、提供可能時間、提供可能場所、画像なども登録出来ます。
  • オーダー確認時、受領時、配達時など通知メールは受付場所毎に作成できます。

来訪者管理設定

  • 管理者と利用可能メンバーを登録できます。
  • 受付場所は複数登録可能です。
  • 各受付場所毎にカスタム登録出来る項目を複数設定できます。給茶方法やお客様のご案内方法などを登録出来ます。
  • お客様のご来社時の登録者への通知メールは受付場所毎に作成できます。

その他

  • 作成したグループ等の個人設定はサーバーで管理するので各デバイスで共有可能。
  • 外部からの接続は単純にTomcatへのhttp/https接続なので特別なゲートウェイを必要としません。
    SSL証明書の設定方法
  • TomcatはOnTimeのバージョンアップ時に合わせてOnTimeがサポートする最新版にアップグレードします。
  • Tomcatのメモリヒープサイズも管理センターから設定できます。
  • Mobile クライアントもTomcatへのhttp/https接続なので特別なゲートウェイを必要としません。
  • OpenAPI(有償オプション)を利用して、CRM等の外部システムとの連携やバッチ処理やスケジュール処理。