主な機能一覧

新機能は随時追加実装されます。詳細は→「リリースノート」を参照してください。
OnTime for MicrosoftはOffice365/Exchangeの予定表機能をベースに動作します。
Office365/Exchangeの予定表で設定された権限が反映されます。
Office365/Exchangeの連絡先情報で設定された情報が反映されます。

「管理者向けの主な機能」はページ後半のこちら

ユーザー向け主な機能

具体的な画面イメージは→「クライアントの説明書」をご参照ください。

基本的な機能

  • 重複しているカレンダーエントリを、重複が分かるように並べて表示。
  • ユーザー・会議室・リソースを、メインビューに一覧で表示。
  • 表示期間を指定日数・指定週数など、適宜切り替えて表示。
  • カレンダーエントリは組織で指定された条件で色分けされた「凡例」に従って表示。
  • 特定、あるいは複数の凡例を選択し、そのカレンダーエントリだけを絞り込んで表示。
  • 凡例で色分けされた状態でのカレンダーエントリの表示。
  • 複数名の予定を表示する「グループビュー」と一人だけを表示する「個人ビュー」の切り替え。
  • 与えられた権限に応じて代理アクセスで操作が可能。
  • 右上の検索窓でタイプアヘッドによるユーザー、会議室、備品、予定エントリの検索。
  • カレンダーエントリのマウスクリックで、エントリの内容詳細を確認。
  • カレンダーエントリのダブルクリックで、エントリ内容を直接編集。
  • ユーザーをクリックするとビジネスカードが表示され、プロファイルや顔写真を確認できる。
  • 様々な場所から、ユーザーやカレンダーエントリの詳細情報を深掘り表示。
  • 複数のユーザーを選択し、一斉にメール送信。
  • Microsoft Teamsの各チームのタブに追加して利用(表示、作成、会議招集等)。
  • Microsoft outlookのアプリケーションに追加して利用(表示、作成、会議招集等)。
  • スマートフォンからの利用(表示、作成、会議招集等)。 * オプション

カレンダーエントリ操作関連

  • 各種カレンダーエントリをドラッグ操作で作成できる。
  • エントリの種類は「予定」「終日の予定」「会議招集」が作成可能。
  • 複数のユーザーを選択し、全員の空き時間を確認しながら会議招集をする。
  • 会議室やリソースの単体予約。
  • 各種エントリをドラッグ操作で他ユーザーへコピーや移動が可能。

カレンダーエントリ作成ダイアログ関連

  • 設定項目はOffice 365/Exchangeと基本的に同じ。
  • 「非公開」「公開方法」の各種設定が可能。
  • タイプアヘッドによるユーザー、会議室、備品の検索。
  • 会議室は、空き時間検索からの検索ができる。
  • 他予定との重複時や会議出席可能時間外の場合、作成時にアラートで確認できる。
  • 会議室やリソースで他の予定との重複している時は、アラートが表示されエントリは作成できない。
  • 別のユーザに対して各種エントリを作成する時は、作成先にメールで通知される。

表示グループ関連

  • 個人グループを個別に複数作成して、「マイグループ」に追加。
  • 個人グループでは、ユーザーや会議室、備品の表示並び順を自由に指定可能。
  • 個人ビューでは、よく参照するユーザーをリストとしてブックマーク。

設定関連

  • 表示言語は7言語から選択、切り替えて利用。
  • 表示時間帯は開始時刻と終了時刻で設定可能。
  • ご希望の表示日数を設定しての利用。
  • 週末の表示/非表示の切り替え。
  • 重複予定に合わせて、ユーザー1名の表示行数を9段階に切り替え。

権限関連

  • メンバーの予定は、自身に与えられた適切な権限(代理アクセス)で表示される。
  • 表示されているメンバーの代理アクセスの状況の確認ができる。

ビジネスカード画面での操作関連

  • メール送信が可能。
  • 新規予定作成が可能。
  • Skype電話の開始可能。
  • カレンダーエントリの一覧、および内容詳細の表示
  • カレンダーエントリが会議の場合は、会議の主催者・参加者・未返答者などの確認も可能

「ユーザー向けの主な機能」はページ前半のこちら

管理者向け主な機能

技術的な特徴については→「→システム要件 他」をご参照ください。

設定関連

  • 凡例(色分け)の表示条件は分類やタイトルの部分文字列のAnd/or条件で設定可能。
  • 表示グループは 配布先グループ・静的グループ・動的グループの同時利用。
  • 静的グループはユーザーやグループを手動で選択してグループメンバーに追加出来る。
  • 静的グループはグループ名を”\”で区切ることで階層表示が可能。
  • 静的グループはグループメンバー内で手動並び替えを指定。
  • 静的グループは表示先を全員、対象メンバー、カスタムで指定。
  • 動的グループはOffice 365、AzureADやADの属性を指定することで自動で階層表示グループを作成出来る。
  • 動的グループはグループを生成するターゲットとなるドメインを指定できる。
  • 動的グループで使用する属性はPhoneticDisplayName属性及びExternalAttributes1~15を使用も可能。 * 同期対象をLDAPで登録時
  • 動的グループは表示先を全員、対象メンバーで指定。
  • 動的グループと静的グループは階層トップ名を同じにすれば1つの階層に所属できる。
  • 権限設定はOffice365/Exchangeで付与した設定がそのまま利用可能。
  • 権限設定は表示グループとは独立してるので、どのグループの表示時も制御可能。
  • ビジネスカードのテキスト情報はOffice 365、AzureADやADのアカウント情報を利用。
  • ビジネスカードの顔写真はOffice 365、AzureADやADのアカウント情報を利用。
  • 名前書式はユーザー、会議室、備品でそれぞれOffice 365、AzureADやADの属性から3行まで指定。
  • 予定の非表示条件の指定や表示色などのオーバーライド設定が出来る。・

運用関連

  • 複数のOffice 365テナント、オンプレExchangeと接続して運用。
  • 同期対象のユーザーや会議室・備品の指定はLDAPかメールが有効なセキュリティグループで指定。
  • 認証方法はOutlookにトークン配布用ワンタイム認証方法を含む5つの方式から1つを選択可能。
    OnTimeの認証方法
  • トークン有効期間は日数単位で指定可能。
  • 過去のカレンダーエントリの同期期間を設定可能。
  • ADやOffice365アカウント情報等各設定情報の更新は深夜2時に自動で行わる。
  • 作成したグループ等の個人設定はサーバーで管理するので各デバイスで共有可能。
  • 外部からの接続は単純にTomcatへのhttp/https接続なので特別なゲートウェイを必要としません。
    SSL証明書の設定方法
  • Mobile クライアントもTomcatへのhttp/https接続なので特別なゲートウェイを必要としません。

ユーザー設定制御関連

  • ユーザー設定は全体だけでなく、グループやユーザー単位で指定できる。
  • 言語と日時書式の初期設定。
  • 検索結果の上限指定。
  • 利用する名前書式。
  • Microsoft Teams利用時のカラーテーマ
  • 分類の選択肢。
  • 利用するタイムゾーン。
  • 曜日毎の稼働時間帯。
  • メインビューのメンバーソート用キーの選択が各種AD属性から可能。
  • ソートはPhoneticDisplayName属性及びExternalAttributes1~15を使用も可能。 * 同期対象をLDAPで登録時

Open API関連

  • APIを利用して、CRM等の外部システムとの連携やバッチ処理やスケジュール処理。