LIVENESS Rooms with OnTime

Mobile
LIVENESS Rooms with OnTime(クリックで大きな画像が表示されます。)

空(から)予約を削減し、ファシリティの効率的な利用を促進

iPadから会議室予約状況をひと目で確認出来るシステムです。 会議室予約はNotes標準のリソース予約DBと連携しますので、Dominoサーバーがあれば何もいりません。
会議開始時間までに「入室」ボタンを押さないと自動キャンセルする機能や予定より早く会議が終了した場合の退室機能も実装してるので会議室を有効活用出来ます。

iPadを使って会議室予約状況を確認

Rooms
クリックで大きな画像が表示されます。

各会議室のドア前に設置することで現在の利用状況や本日の予約状況なども一目瞭然。
画面からは以下のような操作が可能です。

  1. 入室処理
  2. 退室処理   (終了時間の変更)
  3. 自動キャンセル(指定時間内に入室しない場合)
  4. 会議延長処理 (終了時間の変更)
  5. 会議室予約  (iPadからの簡易予約)
  6. 会議室予約時の社員番号認証処理
  7. 空き時間表示

サイネージ機能で空いてる会議室を確認

Rooms
クリックで大きな画像が表示されます。

サイネージ機能も標準機能なので会議室エリアのフロントに配備することが可能です。

サイネージには該当エリアの当日の会議予定一覧が表示されます。また今会議が開催されている会議室については会議内容を赤く表示されているので、空いている会議室をすぐに確認出来ます。

画面は自動的にリロードするので常に最新状態を表示します。

会議室の名前をクリックすることでその会議室の画面が開くので、その場で直接会議室を予約することも出来ます。

システム構成

LIVENESS Rooms with OnTimeはNotes標準のリソース予約データベースにOnTime OpenAPIを介して接続される純粋なDominoデータベースです。
なのでDominoが動作するサーバーとiPadを接続するための無線LAN環境さえあれば動作します。組織でDominoをご利用であればすぐに利用開始頂けます。

Rooms
クリックで大きな画像が表示されます。

クラウドシステムを必要としないのでセキュアなローカルネットワークだけで運用が可能です。外部ネットワークと接続する必要が無い点でタブレットがセキュリティホールにはなりません。また社内のネットワークとサブネットを分けることで閉じたネットワークとしてDominoに接続してご利用頂くことも可能です。

システム要件

  1. IBM Notes/Domino 8.5.3以上
  2. OnTime for IBM 4.3.1以上
  3. OnTime OpenAPI オプション(上記に準拠)
  4. サーバーOS / ハードウェア  IBM Notes/Domino の動作環境に準拠
  5. クライアントWebブラウザ Safari
  6. クライアントOS / ハードウェア iOS9.0以上 / iPad

「LIVENESS Rooms with OnTime」は→株式会社ライブネスが開発したOnTime Open APIを使用したパッケージ製品です。
ご紹介資料は→株式会社ライブネス/ご紹介資料ページからダウンロードしてください。。