OnTime® Group Calendar for Microsoft

更なる至高へ OnTime for Microsoft 登場

既にエンタープライズ市場で大人数で高速動作が話題になっているグループカレンダー。もちろんオンプレミスのMS ExchangeとクラウドのMicrosoft Office365のどちらにも対応します。

OnTime® for MicrosoftはOnTime® for IBMの使い勝手をそのままにMicrosoftメール・予定表環境の特徴ある機能を取り込みながらOutlook及びOutlook Webをご利用のユーザーが直感的にご使用頂けるようグループスケジュール画面が構成されています。今回のバージョンアップでも多数の機能を移植できました。日本の企業はもうインフラ基盤に関係無く同じ操作でグループマネジメントが出来る時代が来ましたよ。

全てはMicrosoft ExchangeとOffice 365のために

OnTime® Group Calendarは社員の決断力を向上させるため、組織の全ての予定イベントの参照機能と強力なコーディネイト機能を備えたグループスケジュールを提供します。

クライアント(Outlookアドイン)の特徴的な機能

メンバーの予定を把握出来ます
OnTime®を使用すると、参照したい期間にあわせて日ビューや週ビューを簡単に切り替えてメンバーの予定を把握出来ます。また所属する組織の休暇ビューを表示すれば、あなたは簡単にメンバーの長期休暇を調整することができます。(注:デンマークでは法律で長期休暇を義務づけています。羨ましいですね。)

スケジュールアシスタント
複数ユーザーや会議室をマウスクリックで選択するだけでビューの上部には緑色の会議可能スロットが表示されます。また、選択されたユーザーの右側に新しいチェックボックスが表示されます。このチェックボックスは、このユーザーを空き時間検索に含めるかどうかを選択出来ます。そのままマウスでドラッグすると、、、、

マウスドラッグでイベントの作成
マウスでドラッグすることで選択されたメンバーを含んだイベント作成画面が開きます。Outlookをお使いであればスムーズにご利用頂けるデザインを採用しています。会議招集は「必須」「任意」を区別して送信出来ます。

送信前の重複チェック
皆さん、会議の送信後に参加者や会議室から辞退メールを受け取ったことありますよね。OnTimeは送信時にリアルタイムで重複チェックを行います。重複が会議室なら部屋や時間を変更しない限り会議メールを送信出来ません。

プロフィール情報の表示
メンバーや会議室、備品をクリックすると連絡先情報が表示されます。プロフィールだけでなく直近の予定一覧の表示。ダイレクトに新規メール、電話の発信、予定作成も可能です。

個人カレンダー
是非クリックして拡大画面で確認ください。これほど見易い個人カレンダーが今までありましたか?操作性はグループカレンダーと同じです。自分だけでなく部下の予定や特定の会議室の使用状況の把握にも便利です。

モバイルクライアントの特徴的な機能

スマートフォンでもグループ表示
小さい画面でのタッチ操作の為に作られたグループスケジュールです。スワイプによる日付移動等の操作性向上、もちろん会議招集や予定表イベントの作成も行えます。

新しい会議の作成
メンバーの顔写真を長押しで選択後に「+」ボタンをクリック。新しい会議はほぼ作成完了です。後はタイトルと時間の入力するだけ。

メンバーの全てを把握出来ます
メンバーの顔写真を押すと連絡先画面に。連絡先情報から新規の予定表イベントやメール、また電話をかけたり出来ます。月ビューでは俯瞰的に各日の予定状況も把握出来ます。権限があればイベントの代理作成も出来ます。

OnTime管理センター(管理者画面)について

日本語対応の管理画面
OnTime®管理センターは日本語と英語の両対応メニューです。ダッシュボードではデータベースやスケジュールデータの同期状態を一覧で把握できます。

各パラメーターを設定するだけ
ADやOffice365のユーザープロファイルのプロパティを使用してグループの階層表示もカンタン。一度設定してしまえばOnTimeはADやExchangeに合わせて毎深夜に自動更新します。

共通の色分けを共有しよう
イベントを色分けすると顔写真と同様に瞬時にイベント内容を把握できます。件名に含む文字列など様々な条件の組み合わせで色分けが設定できます。

※本文中の会社名・製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
 なお記載されている会社名・製品名などには、必ずしも商標表示®をつけておりません。

OnTime Logo