「カレンダーアーカイブ with OnTime」の発表

2017年04月03日(月曜日)

 「カレンダーアーカイブ with OnTime」の発表を致しました。本製品はIBM Domino上で動作するOnTimeパートナー製品となりカレンダーデータの長期保存や差分比較が実現いたします。

発表内容

 「カレンダーアーカイブ with OnTime」はOnTime OpenAPIを利用して様々な形でスケジュールをアーカイブできるOnTimeパートナー製品です。OnTime OpenAPIはRESTによるシンプルな接続により組織のスケジュールデータの入出力を操作出来るOnTimeのオプションです。このOpenAPIオプションを使用して開発されたカレンダーアーカイブシステムでは抽出したスケジュールデータを様々なストレージシステムに保管して活用できます。 取得できるカレンダーデータにはタイトルや日時の他にも非公開フラグ、繰り返しフラグ、プレーンテキストによる本文データ、会議の場合は参加者や会議室情報などもアーカイブされます。

このカレンダーアーカイブを利用することで、

  • メールDBに長期データを保持する必要が無くなる。
  • 既に退職したメンバーの行動記録の確認。
  • 特定日の全社員の行動を一覧で把握。
  • 全文検索による問題点のデータ抽出。
  • スナップショットによる予定変更・削除などのログの精査。
 することが可能になります。

「カレンダーアーカイブ with OnTime」の詳細について

OnTime OpenAPIを利用したカレンダーアーカイブ
https://ontimesuite.jp/calendar-archive.php

試用版のライセンスキーをご利用ください。

OnTime group alendarを機能制限無しで30日間無料でお試し頂ける試用版をご準備しております。

以下のリンクから試用版要求を送信していただきますと30日間の無料試用版のライセンスキーをお送りいたします。

試用版の入手

ご購入・お見積

お見積発行・ご購入は今すぐこちらをクリック。

ご購入・お見積ページへ