「OnTime Group Calendar 2011」の日本での7月発売開始とデビューキャンペーン実施について

2012年6月15日(金曜日)

 Lotus Notes Traveler や IBM Connections と同時利用が可能なグループスケジュールのノーツアプリ「Ontime Group Calendar 2011 Ver.2.1」がいよいよ日本上陸。7月2日発売開始と同時に日本デビューキャンペーンを2012年12日末迄の予定で実施します。(*1)

発表内容

 有限会社アクセル(本社:兵庫県西宮市、代表:岡本敏弘)は、IBM Lotus Notes/Domino上で動作し、IBMが推進するスマートフォン連携機能のLotus Notes Traveler や IBM Connections と共存できるグループスケジューラ「Ontime Group Calendar 2011 Ver.2.1」を2012年7月2日(月)より日本国内で発売開始します。また日本での導入を促進するため、日本初上陸キャンペーンとして全料金帯で30%オフのキャンペーン価格にて2012年12月末迄予定でご提供いたします。

 「Ontime Group Calendar 2011 Ver.2.1」は、北欧のデザインで有名な国デンマークに本社をおくIntraVision社(CEO:Jens Overgaard Dinesen、http://www.intravision.dk)により開発されたIBM Lotus Domino上で稼働するアドオン製品です。既に発売開始から10年以上、バージョンも10を数え、ヨーロッパ、米国を中心に既に450,000ライセンス以上もご利用頂いております。
Lotus Domino 7.x以上のサーバーで稼働し、 Notes/Domino標準のメールテンプレート(日本語DJX含む)で運用されるメール&スケジュール環境であれば様々なクライアント環境で利用が可能です。

 また、IBMの推進する最新ソリューションにも対応しており、スマートフォン連携機能のLotusNotes Travelarと共存が可能なため、「Ontime Group Calendar 2011」とiPhoneやAndroid等とスケジュールの同期が可能です。同じくビジネス向けソーシャルウェアのIBM Connectionsにも対応。同ソフトの「コミュニティ」ページ上で同コミュニティに参加するメンバーのグループスケジュールを表示することが可能になります。

 製品の価格と年間保守は、実際のスケジュールデータと同期をとるユーザー数やリソース数のライセンス数で決まり、閲覧するクライアント数に制限はありません。最低購入数の25ライセンスの場合、キャンペーン価格が初年度73,500円(税込)(1ライセンスあたり2,940円)、翌年度以降の年間保守が21,000円(税込)となります。1,000ライセンスの場合でキャンペーン価格が初年度1,249,500円(税込)(1ライセンスあたり1,249円)、翌年度以降の年間保守が357,000円(税込)となります。

主な特徴

  • ライセンス数は同期するスケジュールデータのユーザー数とリソース数で決まり、同期するアカウントは設定DBで修正が可能です。
  • Notes/Domino標準添付のメールテンプレート環境(日本向けDJX環境を含む)ならカスタマイズ無しで利用可能。
  • Notes/Domino標準のメール&スケジュール環境で動作するため、同一サーバー上でもLotus Notes Travelerと共存が可能。
  • IBM Sametimeとも連携し、画面上から在籍確認およびチャットの開始が可能。
  • 表示インターフェイスは、Notes 8.5.x Standard版の場合、専用画面、サイドバー等。その他のクライアントでは各種ブラウザ等が利用可能。
  • アドオン製品としてMobile Calendar機能があり、各種スマートフォン(iPhoneやBlackBerry等)で操作が簡便になる専用画面を準備しています。
  • クライアント毎に世界6カ国語(日本語、英語、ドイツ語、デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語)の表示設定が可能
  • IBM Connectionsで利用可能となるウィジェットも標準でサポート予定です(次メンテナンスで対応予定)。

製品概要

■製品名
 OnTime Group Calendar 2011 Ver2.1

■日本国内発売日
 2012年7月2日(月) 予定

■販売形式
 専用直販サイト「OnTime Group Calendar Direct Shop」によるダイレクト販売。  https://ontimesuite.jp

■動作環境

サーバー
Lotus Dominoに準じ、WindowsおよびIBMが定めるLinux上で動作するDomino 7.x以上。
クライアント
標準インターフェイスとサイドバーインターフェイスはNotes 8.5.x Standard版以上。
その他各種ブラウザでも動作可能。
Mobile Calendar
JavaScriptの実行がサポートされている内蔵ウェブブラウザを搭載する機種。
iPhone, Android, Windows Mobile, Nokia, BlackBerry, Motorola 等の320ピクセル以上のワイド画面。

■詳細情報
 プレオープン中の直販サイト「OnTime Group Calendar Direct Shop」にて詳細情報公開中。
 https://ontimesuite.jp

■価格について
 以下のURLにて価格表をご準備しております。
 https://ontimesuite.jp/buy-it.php

■ダウンロード用画像一覧(*2)
 以下のURLにてダウンロード用画像をご準備しております。
 https://ontimesuite.jp/thumbnail.php

■試用版について
 30日間機能制限無しで利用可能な試用版のダウンロードとアクティベーションキーを発行します。
 尚、製品版キーのご購入後はキー登録で試用版からそのまま継続運用が可能です。

■問い合わせ先
 オンタイム専用メール:
 オンタイム専用電話:0798-88-7001 担当:岡本・植田
 オンタイム専用FAX:0798-88-7003

■会社プロフィール
 社名:有限会社アクセル
 設立:1998年3月
 代表:岡本敏弘
 詳細:右記URLをご参照ください。http://www.axcel.co.jp

開発元からのメッセージ(http://www.intravision.dk

IntraVision is exceptionally pleased to be able to offer our award winning OnTime Group Calendar products to a completely new set of customers in Japan through our strategic partnership with Axcel Corporation. Axcel Corporation has proven to have deep insights in the area of group calendaring and has been an invaluable partner in our efforts to adapt the OnTime Group Calendar for the specific cultural requirements in Japan says Jens Overgaard Dinesen, CEO, IntraVision.
<日本語訳>
 IntraVision社CEOジェンズ・オブリガード・ディネセンは以下のように語っております。
 「IntraVision社は、初めて出会う日本の皆様に戦略的なパートナーシップを組む有限会社アクセルと共にロータスアワードも受賞した弊社のOntime Group Calendar製品をご案内できることを大変喜んでおります。また有限会社アクセルは、グループスケジュールの分野において深い洞察力を持っており、OnTime Group Calendarに日本特有の要望を組み込むことに多大なる力を提供してくれたかけがえのないパートナーです。」

画像サンプル

画像は全て英語版です。以下のURLにてダウンロード用画像を数種類ご準備しております。
 https://ontimesuite.jp/thumbnail.php
  • Notes インターフェイス
    ファイル名:notes_2011.jpg
    サイズ:164kb
    大きさ:960×685
  • 各種 Mobile Calendar 画面
    ファイル名:Mobile2.png
    サイズ:98.1kb
    大きさ:519×260
  • Connections コミュニティ widget
    ファイル名:communities_widget_full.jpg
    サイズ:172kb
    大きさ:1,052×694
  • OnTime Group Calendar
    ファイル名:gc.jpg
    サイズ:89.2kb
    大きさ:475×280

*1 本リリースに記載されている会社名・製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。本リリースに記載している会社名・製品名等には、必ずしも商標表示®を付記していません。*2 弊社サイトにてダウンロード可能な画像、素材、その他全てのデータは、全てIntraVision社及び有限会社アクセルが著作権を保有します。転載、二次利用については自由ですが、画像の著しい変更、虚偽に基づく改変については利用をお断りさせて頂くことがあります。