システム要件 他

システム要件:

サーバー要件:

  • 以下のサーバー要件は、私たちのインストール実績に基づく経験をベースとしたものです。場合によっては、バックアップ、ウイルス対策などのその他の要因がサーバーのパフォーマンスに影響を与えることを考慮する必要があることは注意してください。
  • OnTimeプロダクトは以下のサーバーにインストールが可能です。
    • Windows Server 2008 R2
    • Windows Server 2008 R2 SP1
    • Windows Server 2012
    • Windows Server 2012 R2 (推薦)
  • OnTimeはWindowsの管理者権限でインストールして下さい。
  • OnTimeの導入環境がSmall & Midiumサイズであれば無償のMicrosoft SQL Server® 2014 or 2016 Express を利用出来ます。2000アカウント以上の環境でOnTimeを利用する場合はフルパッケージの Microsoft SQL Serverをお勧めします。 以下のリンクから制限事項をご参照下さい。→「Microsoft® SQL Server® 2016 Service Pack 1 Express」
    • プロセッサ
      最低速度 1 GHz 以上のプロセッサを搭載した、Intel 互換プロセッサ
    • RAM
      最小 512 MB
    • ハード ディスク容量
      4.2 GB のディスク領域
    • 制限事項: Microsoft SQL Server Express は 1 つの物理的プロセッサ、1 GB のメモリ、および 10 GB のストレージをサポートします。
  • その他のソフトウェアソリューションが望むように、OnTimeも専用サーバーの構築をお勧めします。しかしながら多目的サーバー上にインストールする必要がある場合は以下の最小要件がございます。
    • Microsoft Exchange Serverが稼働するWindows Server上にはインストール出来ません。
    • 既存のMS SQL Serverにインストールする必要がある場合は
      SQL認証として構成
      TCP port1433が有効な構成
    • Tomcatアプリケーションサーバーは、OnTime専用で他のアプリケーションは実行できません。

典型的な500ユーザーの場合のインストール

  • 最低速度 2 GHz 以上のプロセッサを搭載した、Intel 互換プロセッサ
  • OnTime専用に2 GB以上のRAM
  • OnTime専用に20 GB以上のハードディスク
  • ADドメイン:
    パスワードの入力無しで利用出来るOnTime users web authentication (SSO) を使用するにはADドメインのサーバーに導入して下さい。
  • ファイヤーウォール設定:
    8080番ポートはTomcatサーバーへのアクセスに利用します
    80番ポートはAD web authentication (SSO) に利用します
  • SQL Server 2014 ro 2016 Express:
    必ず最新版をマイクロソフトのサイトからダウンロードして下さい。無償です。
  • MS Exchange/Office 365 にImpersonation Userを作成して下さい。
    メールボックスユーザー(Office365なら最小タイプ1つ)
    “ApplicationImpersonation Role”に割り当て