ライセンスの数え方

ライセンスの数え方について

 OnTime Group Calendar のライセンス数は、OnTimeと「同期」するメールボックス(メールDB)数や会議室・リソース(備品)数で決定します。「同期」する対象は予定を閲覧するユーザーもOnTime内で予定を表示するユーザーや会議室・リソース(備品)のどちらも対象としてカウントします。ご利用になる数量のみライセンスをご購入ください。全てのカレンダープラットフォームのユーザー分をご購入する必要はございません。OnTime Group Calendarのタスクを稼働させるサーバー数には依存しません。 licenseクリックで大きな画像が表示されます。

 具体的にOnTime Group Calendar のライセンス数としてカウントするのはメールDBについては同期するメールDB数、会議室とリソース(備品)についてはリソース(備品)数です。なので以下のような条件のいずれかに該当する場合は必ずライセンス対象としてカウントし設定DBに登録する必要があります。但し、下記の条件に複数該当する場合はそれぞれをカウントせず1つとして計算します。

  • OnTimeクライアントを端末で起動して実際に操作するユーザー
  • OnTimeDBと情報を同期してOnTimeクライアントに予定が表示されるユーザー
  • OnTimeDBと情報を同期してOnTimeクライアントに予定が表示される会議室やリソース(備品)
  • Open APIを利用して外部データと情報を同期するさせるユーザーや会議室・リソース(備品)
 なので、予定を公開せず閲覧だけをする場合でも権限管理のためアドレス帳やメールDBとの同期を必要としますのでライセンス数として数えて下さい。例えば、AさんとBさんのスケジュールをOnTimeクライアント経由でCさんが閲覧する場合は、3ライセンスが必要です。
 また、同じユーザーやリソース(備品)であっても、別の認証組織で新たにOnTime Group Calendarサーバーを導入する場合、その組織の設定DBに同じユーザーやリソース(備品)を含むのであればその組織で更に1ライセンスとして数えます。

注意事項

  1. 注1)OnTime for IBM では使用しないユーザーやリソース(備品)は設定DBで無効できます。詳細は →「OnTimeを利用するユーザーの変更やユーザー数がライセンス数を超えた時の振る舞いについて」 をご参照ください。
  2. 注2)OnTime for MS では同期するユーザーやリソース(備品)は配布グループ等で指定します。
  3. 注3)OnTimeの各オプションはOnTime本体と同数のライセンスを購入する必要があります。
  4. 注4)新規の最小購入数量は50以上が必要です。
  5. 注5)2016年10月1日より追加の最小購入数量は10以上が必要です。

ボリュームディスカウントについて

 ライセンス価格はご導入頂く規模に応じてボリュームディスカウントが発生いたします。また数量によっては上位ランクの最低購入数量の方が安い場合がございます。
 また追加でライセンスとメンテナンスをご購入の場合は導入される総量のランク価格でご購入頂けます。

料金表へ

購入カートへ