システム要件 他

OnTime for IBM は約20年も大小様々な組織にハイスケーラブルでリアルタイムに更新されるグループスケジュールソフトを提供し、全世界で様々なビジネスをサポートしています。

システム要件:

  • Dominoサーバー:
    IBMがサポートするWindowsかLinux上で動作するIBM Domino 7.x以降。
    ブラウザやNotesベーシック版を利用する場合はhttpタスクも実行します。
    メールDBを5,000以上処理する場合はOnTimeサーブレットの併用を推奨。
    10,000以上のユーザーをOnTimeサーバーに同時接続する場合、httpトラフィックが使用する帯域幅から複数のサーバーでの運用かNICのマルチポート等帯域幅を増やされることを推薦します。
    注)メールサーバーにDomino 7.xを使用する際の制限事項
    レガシーなOnTimeタスクを使用しますので、OnTimeクラスタと会議通知の更新は利用出来ません。詳細はお問い合わせ下さい。
  • サーバースペック:
    CPUは一般的なコア数で充分です。ハードディスクも一般的なDomino向け速度の環境で充分です。メモリもあえて追加する必要はありません。但し、OnTimeサーブレットを利用する場合、JVMの特性上オンメモリで保持するデータ量に依存します。1-2GBは多めに見積もって下さい。
  • 既存環境から想定するCPUやメモリのサイジングについて:
    もしトライアルが出来ずに既存環境からサイジングをしないといけない場合は以下をご参照下さい。
    • データ同期(シンク)におけるサイジング:
      OnTimeタスクはDominoの関数ライブラリを使用してメールDB内の文書のアップデートを検知してOnTimeのConfigDB内に必要データだけを吸い上げます。イメージとしてはサーバーエージェントで1予定あたり200~300バイトのデータを取り出して文書保存するイメージです。ご利用環境に基づき単位時間あたりの予定作成更新のボリュームからエージェントの負荷を想定してみて下さい。ローカルのメールDBを参照する場合、リモートのメールDBを参照する場合、またクラウド時のようにパススルーを経由する場合で負荷は変わってきます。
    • クライアント接続におけるサイジング:
      現在では全てのOnTimeクライアントの通信プロトコルはgzip圧縮によるマルチスレッドが可能なhttp通信をお勧めしています。OnTimeクライアントはConfigDBに1ユーザーあたり1文書が存在するDBから必要なデータを取得してノーツ端末やブラウザに表示しています。イメージとしては1つのディスカッションDB内の複数の文書をユーザーが同時に閲覧参照しているイメージです。ご利用環境に基づき単位時間あたりのユーザー接続数からドミノのhttpタスクにかかる負荷を想定してみて下さい。XPagesと同じように、接続するnsfからConfigDBを参照しますのでDB間の参照処理も考慮して下さい。
  • OnTimeデータベース:
    OnTimeは1つのユーザー文書で複数値のカレンダーエントリーを保持するいわゆるbusytime.nsfと同じスタイルです。よってビューの更新も日中は発生しないのでIndexerタスクに負担は与えません。
    • OnTimeデータベース内ユーザーデータサイズ:
      1つのユーザーエントリーはUsers文書やSetting文書等で概ね一人当たり20kbyteぐらいの文書サイズを必要とします。なので総サイズ数は(20kbyte)×(ユーザー数)でおおよそ計算出来ます。
    • OnTimeデータベース内カレンダーデータサイズ:
      1つのカレンダーエントリーはわずか200~300バイト程度です。総サイズ数は(自社の各人1日の平均予定件数)×(自社で保持する予定の過去日数)×(ユーザー数)でおおよそ計算出来ます。
  • トラフィックデータ:
    組織毎にスケジュールの使い方は千差万別なので標準的な使い方やクリック度合いなどは存在しません。よって送受信されるRequestデータの件数やサイズも千差万別です。トライアルキーで試用の上ご確認頂くか、自組織の環境に合わせてシュミレーションデータを想定してください。詳細は→「サーバーとクライアントを流れるトラフィックデータについて」を参照してください。
  • OnTime Log API log画面
    OnTime Log API Log画面(クリックで大きな画像が表示されます。)

  • メールテンプレート:IBM Notes 7.x以降の標準メールテンプレート(DJX含む)の使用。
  • Notesスタンダード版:Notes Standard 8.5x以降。Java版のNativeソフトが動作します。
  • Notesベーシック版:Notes Basic 7.x以降。ワークスペースからアイコンをクリックして起動。
  • ブラウザ:各種ブラウザ。スマートフォンやタブレットはMobileオプションを推奨。
  • IBM Verse 及び SmartCloud Notes:
    ハイブリッド構成でオンプレミス側にOnTimeを実装することで動作します。オンプレミス側に参照用カレンダーエントリーを保持するのでネットワーク負荷の軽減にも繋がります。
システム要件クリックで大きな画像が表示されます。

代表的な技術的特徴:

  • OnTime group Calendar は設定DB(config.nsf)とアプリDB(client.nsf)と1つのタスク(nOnTimeGC.exe)で動作します。
  • 全てのメールサーバーにOnTimeタスクをインストールする必要はございません。OnTimeタスクが動作するサーバーからメールサーバーに直接監視することで同期を実現します。
  • 設定DB(config.nsf)は各種設定と同期したカレンダーエントリーを保持し、OnTimeが動作する為の全てのデータを保持します。
  • アプリDB(client.nsf)はエンドポイントからの接続要求を全て同一のAPIにて処理します。またAPIが公開されているので様々な開発を行うことも可能です。
  • OnTimeタスクはメールサーバー上のメールDBでカレンダーエントリーが作成更新された動作をリアルタイム検知して設定DBのデータを更新します。OnTimeクライアントでのエントリーの作成更新についてはアプリDBのAPIが直接メールDBに作成するのでOnTimeタスクは関与しません。
  • OnTime サーブレットを併用することでスタティックなデータをオンメモリに保持しDBへのアクセスを軽減します。条件によってはピーク時でも単位時間当たり1万クライアントの接続を処理可能。
  • 標準のLotus Notesのメールテンプレート(DJX含む)は全く変更する必要はありません。
  • OnTime自身も含め各種フェールオーバークラスタに対応しています。
  • マルチドメイン環境も標準でサポートします。
  • 利用ユーザー毎に使用する言語を指定できます。対応言語:日本語、英語、ドイツ語、デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語
  • 同一サーバー上で メールDB、Notes Traveler タスク、その他のアプリケーションと同時実行も可能です。
  • 外部の電話連携システムやCRMとの統合のような他のソリューションで利用できる完全にオープンなAPIを利用できます。
  • 様々な構成で構築出来ます。下図は代表的な構成パターンです。
配備クリックで大きな画像が表示されます。